薄墨桜

淡墨桜の苦難

淡墨桜は今日に至るまで枯死の危機を経てきました。以下にその経過などを紹介致します。

淡墨桜の苦難

淡墨桜は大正初期の大雪で約4mの一の枝が折れて本幹に亀裂が入り、これを境に生命に衰えを見せ始めました。地元は種々の保護に努めましたが、昭和23年頃には枯死すると思われるほどの状態でした。文部省から本田博士が派遣されて調査しましたが、3年以内に枯死するとされてしまいました。
その間に多くの名士がこの老木の枯死を惜しんでいましたが、松岡楯雄らの提唱で淡墨桜顕彰保存会の設立が準備され、岐阜県下の多くの知名有志の賛同を得て設立されました。

これが契機となって老木起死回生の名手として知られていた岐阜市の医師であった前田利行翁が預かることとなった。翁は、昭和23年秋に諸名士や根尾村をはじめとする関係者と詳細な調査をしました。その結果、回生しうるとの判断が下されて、前田利行翁は根接ぎの技術を伝えた中島英一ほか数名と根尾村に出向き、多くの村人などを人夫として督励するなどして昭和24年3月10日から4月5日までの27日間をかけて238本の根接ぎが行なわれました。

この時、本幹周囲の土が掘り起こされましたが、淡墨桜の巨根の殆どが枯死状態で、腐朽した部分は無数の白アリに食い荒らされていたそうです。直ちに白アリは駆除されましたが、同時に近くの山から山桜の若根を採取して、残っていた活力のある根に根接ぎをしていきました。その間に降った雪が積もったりもしましたが、人夫などが雪を取り除くなどして、施術部が凍結しない配慮をしたり、土壌を入れ替えたり、肥料を施したりしました。

淡墨桜、根接ぎの成果

施術後、淡墨桜は元気を取り戻し、むしろ異常なほどに発育繁茂し、往年の盛観を思わせるほどに成ったといいます。

その後も、
    @ 燐酸・窒素・加里などを含む希薄な肥料を毎年施す
    A 枝や葉の消毒を春秋2回行なう
    B 支柱の設置や降雪に備えた雪吊りを行なう
    C 柵を厳重にして根接ぎを施した場所への立入りを禁止
    D 枯死枝や寄生木を取り除く
    E 樹下や周辺の雑草を取り除く
などの努力を重ねました。

>> TOPへ戻る


リンクについて

当サイトはリンクフリーです。リンクの際の連絡は不要です。

なお、相互リンクを募集しています。相互リンクご希望の方はリンク要項をご確認の上、お問い合せフォームよりお申し出下さい。
Copyright (C) 2008 淡墨桜と根尾谷断層. All Rights Reserved.