アクセス−淡墨桜の所在地と交通事情

【所在地】 〒501-1524 岐阜県本巣市根尾板所字上段995 淡墨公園
【鉄道:JR東海道本線】
名古屋駅(JR:快速34分)→大垣駅(樽見鉄道:32分)→織部駅(樽見鉄道:28分)
※ 淡墨桜見物は、終点樽見駅から徒歩約15分。なお、うすずみ温泉行きシャトルバス(樽見駅〜うすずみ温泉間を無料で運行していますので利用できます。

【交通・車】 名神高速道路利用
◎ 名神高速大垣ICから国道21・157号経由約1時間20分
◎ 名神高速羽島ICから国道21・157号経由約1時間20分

【交通・車】 他のルート
◎ 名古屋市から車で約2時間 ◎ 岐阜県岐阜市から車で約50分
◎ 岐阜県美濃市から国道418号経由で約50分

【駐車場】 有料
【注意事項】 例年開花期間中、交通規制あり。例年開花期間中、道路が大変混雑するので公共交通機関の利用を勧めている。
【お問合せ】 電話:058-323-7756(本巣市 商工観光課)
電話:0581-38-2513(本巣市根尾総合支所 産業建設課)

満開という声を聞くと人出がピークの模様。こんな時は、土・日はもちろん平日でも昼に近い時間には国道157号線は大渋滞になります。お早めの時間に出かけることをオススメ致します。

淡墨桜の駐車場

2008年は乗用車が400円でした。時間は無制限。ちょっと離れると民間なども200円〜300円もあります。バスの駐車場所は、薄墨公園への出入口に最も近いところにあります。ここから200mほど坂道を上ると薄墨公園があります。

本巣市が運営する駐車台数は第1から第5までで700台程度になります。他に民間駐車場も有ります。

駐車場から薄墨公園まで

駐車場から淡墨公園までの間には桜の花見シーズンだからでしょうか、多くの露天商も出ての賑わいぶり。飛騨牛の串焼き、鯛焼き(あんこ)、鮎焼き(ホンモノの鮎)、こんにゃくなど様々に並びます。ここでの買い物も楽しいですね。

ここまで来るとあと一歩で淡墨公園、お目当ての樹齢1500年以上といわれる淡墨桜も見え始めました。

>> TOPへ戻る


リンクについて

当サイトはリンクフリーです。リンクの際の連絡は不要です。

なお、相互リンクを募集しています。相互リンクご希望の方はリンク要項をご確認の上、お問い合せフォームよりお申し出下さい。
Copyright (C) 2008 淡墨桜と根尾谷断層. All Rights Reserved.